スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まじめにお勉強?

本が好きというのは、この前書いたけど、図鑑だって高いし両生類の本なんてなかなかないしで、そうそう買えません

でも本が読みたい。
本がいっぱいあるところ・・・

そんなわけで、市内の図書館に行ってきました♪

借りてきたのは、こちら

図書館でかりてきた~

進化の本と図鑑、表紙からイイ感じです・笑

ただ・・・・・むつかしいよ~

でも、おもしろいっ

まだ読んでる途中ですが、(私が)おもしろかった所を一部ご紹介~。
自分なりにまとめて見たので、わかりにくかったらごめんなさい

ちょっとカタイ文章になりますが、ご了承くださいませ~。

参考文献:「両生類の進化」東京大学出版会・著=松井正文 

 変態と幼形成熟について
両生類の変態は、甲状腺がサイロキシン(甲状腺ホルモンです)を生産することによって制御されている。

サイロキシンを与えることによって、変態を誘発できるので、サイロキシンの生産が不十分なために幼形成熟が生じると考えられている。

サイロキシンの生産が不十分なのは甲状腺の機能低下によるが、これは・・・
・脳下垂体の機能低下
・甲状腺刺激ホルモンの生産不十分
・ヨウ素吸収不十分
・・・などによって生じる。
人や動物では、甲状腺機能低下症という病気があります。
甲状腺ホルモンは成長に関わるホルモンで、脳下垂体がその中枢なのです。甲状腺刺激ホルモンは甲状腺ホルモンを放出するように刺激するホルモンです。

では、アホロートルの場合はどれが原因なのか?

なんと、トラフサンショウウオの脳下垂体を移植することで変態した例があるそうです(ウパはトラフサンショウウオ科)。
移植ってすごいな・・さすがは実験動物・・・

同じように、幼形成熟するサイレン科、オオサンショウウオ科、アンフューマ科、ホライモリ科の種に脳下垂体を移植したり、甲状腺刺激ホルモンを注射しても、けっして変態しないそうです。

ひとくちに幼形成熟といっても、みんな同じではないのですね~。

ウパの故郷ソチミルコ湖は高標高で低水温。
低水温は成長にとって不利だけど、その低水温が脳下垂体の機能低下とホルモンの放出を低下させたこと、そしてなにより温度変動が激しかったり、餌が不足したり、両生類にとっては命取りになる低湿度な地上環境より、安定した水中のほうが有利であったこと。
それによって幼形成熟が進化した、といいます。
(う~ん・・何書いてるかわかんなくなってきました~。)

それを考えると・・・夏場の高水温。
・・・なんか怖いですね
そういう風に進化してきたウパだから、高水温もつらいわけです。
やっぱりできるなら20度以下に保ってやるのが1番なんでしょうね。
ま、野生のウパと比べたら、飼育個体はかなり融通がききますが・・
あ、ちなみにもっさりのと変態は別問題ですので。。

水位を徐々に下げていっても、変態して上陸するそうですが
それを考えると環境の変化に何気に強い生物なのか?って思っちゃったり
でも、故郷では絶滅に危機に瀕しているし

それに、変態後のウパの姿はおそろしい・・・
「貞子」をみた時と同じ気持ちになりました凹

生き残るために、選んだ姿がこんな可愛い姿なんだもんね♪
野生のウパも、がんばってどんどん増えたらいいな。
(悪いのはみんな人間なのよね
ナスみたいな色でした

写真は、ご幼少時のブル嬢
この頃から、しっかり サブ です


一緒に借りた「田んぼの生物図鑑」(山と渓谷社・著=内田りゅう)もおもしろいかったです♪
いろんなカエルの「オタマジャクシ大集合」なる写真がおもしろいっ。
むふ~っ、オタマ育ててみたい~。。


コメント

うちの、やつらは自然では絶対、いきていけない・・・・
野生のうぱ、守ってやりたいですよね~
ブルたんちっさくて、かわゆい^^

v-20 リューシさんへ
うん、うちのやつらも絶対無理i-201
野生のウパ、現地では手厚く保護されてみたいだけど、ソチミルコ湖はもう水路みたいになってるんだってi-241
だんだん、住むところなくなっちゃう・・・
ブル、色がすごく綺麗でしたよ♪

おひさですー
私もちょうど図書館にいこうと思っていたところです(私の場合マンガ目的…)
両生類本わたしも探してみます。
実験動物としての歴史とか知りたい。

ブルたんかわいい…
アイドルウパ。
ブルたんみたいな子がお嫁に欲しいなぁ。

なんだか難しかったけど、やっぱり
高水温はよくないんだよねぇ。
夏場はウパも人間も頑張り時だね。
以前、どうぶつ奇想天外で天然の
ウパが出てたけど、すごく汚い感じの
ところにいたなぁ。
まさに水路。。。

ブルちんかわいいねv-238
いいサブっぷりだねi-280

v-20 withcatさんへ
おひさひさ♪
図書館、楽しいよね~本読み放題♪♪
両生類の本、それでもやっぱり少ないか・・(;´Д`)
あと、もっとワケわかんなかったi-202

ブルたん、いいヤツなんだけど無邪気に他人(ウパ)のシッポパックンするよi-229

v-20 kiyさんへ
わかりやすくってのが、書けないっi-241
ごめんよぉ~。
低水温だからこそ、進化した今の姿なんだよね。
なるべく、本来の生活環境に近く飼ってあげたいと思うけどね^^;
ね!天然のウパ、ビックリした!
泥の中にいたよね、たしか?

サブっぷり、生まれながらでしたi-280

ティアラ姉さん、勉強になりました~(´◇`*)
そかー、サイレンとかアンフューマとかかなり興味深々だったんですけどちょと違うんですねぇ~。

高温、多湿、低水位で貞子完成v-353っすv-12

んふぅ~(`・ω・´)
むつかしい話ですねぃ~(´Д`;)
頭がよかったらサンショウウオの専門家になりたかったな~☆
毎日野生のサンショウウオ観察♪
ウパは陸地を設けたら変態した例もあるようですよ!
上陸すると短命で終わるみたいですが(´Д`;)
上陸ウパ、見てみたい気も。

す~っとトラフサンショウウオ科のとあるサラマンダーを引き取りたいと思ってるんですがね~(´・ω・`)
有尾類がどんどん増えていく・・・

>kzyさん
上陸ウパはやめたほうが…。
わたしは愛せません(T△T)

ウパの場合

サイロキシンはフェノール環にヨードが4コついた分子で、低温ではヨードの結合が妨げられるので低温ではサイロキシンが合成・放出されず変態しないのデス。人為的に低温で変態抑制したメキシコ&トラフサンショウウオの幼生は高温にさらせば変態しちゃうけど、ソチミルコ湖産のウパは長い年月をかけて感受性低下が遺伝的に固定してるはずだから、甲状腺刺激ホルモンや甲状腺ホルモン投与しない限り変態しないはずですョ。

勉強になる~

スゴイスゴイ。難しい(笑)
でも、ウパがどう進化したとかよく分かりそうな本ですね!

おたまじゃくし、小さい頃川から持って帰って小学校で育てたなぁ~。カエルになって怖くて友達に任せたっけなぁ~(笑)

ブルちん、サブちゃんだぁ。たむちんもサブ顔ですよ~i-280
なんか、たむちん~ブルちんに似てる(*′д`)

両生類の本の表紙がとってもおしゃれe-420
けど、中身は難しいのですね~
田んぼ散歩よくしながら、
ザリガニパトロールしてました~(笑)
いろんな水草とか生き物いて楽しかったーー!

ウパが変態した姿。。。
今でも忘れられません。
あの時は動悸がしましたe-263

ブルちゃん~e-266
可愛い~!

v-20 まみさんへ
いえいえ~うまく書けなかったです~(TωT)
みんながみんな、同じ方法でネオテニーするわけじゃないのね~。
奥が深いっす~。

貞子、3点セットやね~w
あれはヤバイ・・・

v-20 kzyさんへ
むつかしいですわ~
うまく書けなかったので、すまんです。
もし、機会があったら読んでみてちょ。
上陸ウパは短命みたいね。
アレは私も愛せない(TωT)

もしや、オビタイガーサラマンダーとかトウブ?!
この際、有尾類コンプリート目指して☆

>まみさん
私も愛せないわ・・・

v-20 skaoruさんへ
おぉ!さすが詳しいですね♪
私は簡単にホルモン教わったくらいの頭なので、いっぱいいっぱいでした(笑)
さすがに野生と人工繁殖モノでは違うのね~。
昔、メキシコからパリに連れてこられたウパが変態してから、行われた実験内容が怖かったです~。
エラを切り取ったり、たえず空気にさらしたり・・・動物実験ってすごい。。。

v-20 なちさんへ
私も難しかったです(笑)
ウパは本当に可愛い姿に進化したね~^^
他の両生類のことも書いてあるので、じっくり読んでみようと思う♪

おたまじゃくし、可愛いよね~。
昔、育てたけどカエルになったらみんなどこか行っちゃった(TωT)
でもヒキガエルだったし^^;

たむちんもサブ顔~(^▽^*)
ブル似か~それじゃ、オテンバになるよ(笑)

v-20 まきさんへ
表紙、いいよねー♪
中身は一生懸命読んでます(笑)
フル回転だ~☆
私が昔、カエルの卵をとった場所も、いろいろ生き物がいたんだけど
今は、生き物の気配なし・・・
あんなに1日中遊んでた川だったのに(TωT)
ザリガニはスルメで釣ったよ♪

ウパの変態後はヤバイよね・・・
なんか変に落ち込むよ、あの姿。。。

ブルにもこんな時があったんだ~(って1年前だけど・笑)

ティアラ姉さん凄すぎます。私なんて研究のために参考文献探しまくったのに「サイロキシン」なんてどこにも載ってなかったです(TT)。
私もうぱサンの変態後の写真見て落ち込みましたが、元がうぱサンだと考えたらチョコッとかわいく見えました。

v-20 うぱ四匹の母さんへ
いや~私は凄くないです(笑)
本が凄い(笑)
「サイロキシン」、「チロキシン」とも言うので本によっては違かったりもするし、なかなか少ないからねぇ^^;
そっか、元がウパだと考えれば・・・愛だわ~(´Д`*)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

変態(上陸)したウーパールーパー

なにげにbiddersを見ていて目に止まりました!上陸したウパですよ( ゚д゚)変態したウパは初めて見ました!なんかコワイって聞いてたけど、わりと普通のトラフサンショウウオって気がするけど。顔のアップが見てみたい!「変態済み個体 ウーパールー...
いらっしゃいませ♪
リンク大歓迎です。
コメントも気軽にどうぞ♪
当ブログや記事に関係のないコメントやトラックバックは削除させていただくことがございます。
プロフィール

ティアラ姉

Author:ティアラ姉
*萌える!アバターメーカー

「うぱるーむ」へようこそ♪
なりゆきで飼いはじめたウーパールーパー。今はその魅力にはまってます!
詳しいプロフィールはこちら♪

ティアラちゃんだよ♪

Ponyさんが書いてくれたティアラちゃん♪ごんぶと~

こちらもよろしく♪

バナーはこちら。
新バナー

旧 うぱるーむ はこちら!


■ 本家ブログ 
むんぷんのしっぽ
むんぷんのしっぽバナー

カテゴリー
最近の記事+コメント
うぱリンク その1



upiblog

うぴブログZ

sansyo

yasan

愉快なサンショウウオたち

upao

daradara

ほんのりアクアな日記

ウパくん今日も行く

ぱわ~おぶ、らぶ♪

うぱとっと

萌え萌え日記

POKKUN's Life

うぱぱぱぱ~っとダイエット

うぱリンク その2
このブログをリンクに追加する
リンク

地震予知プロジェクト
RSSリンク
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。